【顔脱毛でシミ・そばかすが濃くなるはウソ】消えることもあるは本当

【顔脱毛でシミ・そばかすが濃くなるはウソ】消えることもあるは本当
  • 顔脱毛するとシミは濃くなるの?それとも消えるの?
  • シミもそばかすもあるけど顔脱毛できる?
  • 顔脱毛とシミ取りは同時にできる?

顔脱毛でシミが増えたり濃くなったりすると、勘違いしている人がいます。勘違いをしたままで顔脱毛を避けるのは、きれいになる機会を失っていてもったいないです。

この記事では、顔脱毛でシミ・そばかすが濃くなると勘違いされている理由を解説します。記事を読めば、シミやそばかすがあっても安全に顔脱毛する方法が分かります。

顔脱毛でシミやそばかすが濃くなることはありません。シミやそばかすが消えることはあります。両頬に薄茶色のシミがある場合は顔脱毛できません。

顔脱毛でシミ・そばかすが濃くなると勘違いする理由

顔脱毛でシミ・そばかすが濃くなると勘違いする理由は以下の3つです。

  • メラニンが肌の表面に押し出された
  • 脱毛後にケアを怠った
  • 紫外線対策を怠った

メラニンが肌の表面に押し出された

シミやそばかすが濃くなったと感じるのは、肌の奥にあったメラニンが表面に押し出されたと考えられるからです。

レーザーや光を照射すると肌の細胞が刺激されてターンオーバーが促進。ターンオーバーによってメラニンが肌の表面に押し出されると、シミやそばかすが濃く見える場合があります。

しかし、シミやそばかすが濃く見えるのは一時的で、自然と排出されます

顔脱毛後にケアを怠った

顔脱毛後におこった色素沈着などの肌トラブルを、シミやそばかすと勘違いした可能性があります。脱毛後のスキンケアを怠ると、肌に色素沈着が残ることがあります

顔脱毛は熱エネルギーで毛が生える元になる細胞を焼き切る脱毛法。施術後の肌はダメージを負った状態です。

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

顔脱毛後にケアをしないと、肌は修復できずに色素沈着などのトラブルをおこします。

顔脱毛後は十分なスキンケアが大切です。
» 顔脱毛の翌日に気をつけること

紫外線対策を怠った

顔脱毛後に日焼けした場合、肌に炎症をおこし色素沈着が残ることがあります。日焼け後の色素沈着をシミやそばかすと勘違いした可能性があります。

顔脱毛後の肌はバリア機能が低下。日焼けをすると肌には大きな負担がかかり、シミや色素沈着を残します。

顔脱毛後のシミや色素沈着を防ぐには、十分な紫外線対策が必要です。
» 顔脱毛中の日焼けがダメな理由

顔脱毛でシミやそばかすが消える理由

顔脱毛でシミやそばかすが消える理由は以下の2つです。

  • レーザーや光がメラニンに反応する
  • 肌のターンオーバーが促進する

レーザーや光がメラニンに反応する

顔脱毛でシミやそばかすが消えるのは、レーザーや光がシミやそばかすのメラニンにも反応するからです。シミやそばかすのメラニンはレーザーや光で破壊され、ターンオーバーにより薄くなったり消えたりします

シミ・そばかす治療に使うレーザーや光は、脱毛の場合と種類が違います。顔脱毛をすると同時にシミやそばかすも消せるわけではありません。

肌のターンオーバーが促進する

顔脱毛でシミやそばかすが消えるのは、肌のターンオーバーが促進するからです。

ターンオーバーを促進させる効果が期待できる脱毛方式は、以下の2つです。

  • アレキサンドライトレーザー
  • IPL(光脱毛)

» シミに効果がある脱毛方式

ただし、シミやそばかすが消えたり薄くなったりするのは副次的な効果。シミやそばかすを消すためには、専門の治療を受けるほうが高い効果を得られます。

顔脱毛とシミ取りは間隔をあければ同時にできる

顔脱毛とシミ取りを同時にしたい場合は、間隔を2~4週間あければ施術可能です。ただし、サロンやクリニックで方針が違います。

顔脱毛とシミ取りを同時にしたいと考えている方は、契約前に店舗へ相談しましょう。

顔脱毛できないシミ・そばかすの種類

顔脱毛できないシミやそばかすの種類は以下の2つです。

  • 両頬にできる薄茶色のシミ
  • 濃いシミ・そばかす

両頬にできる薄茶色のシミ

両頬に薄茶色のシミがある場合、基本的に顔脱毛を受けられません。顔脱毛に使用されるレーザーや光で悪化する恐れがあるからです。

両頬にできる薄茶色のシミは、30代後半~50代の女性に多く見られます。原因はホルモンバランスの乱れで、メラニン色素が過剰に作られておこります。

両頬にできる薄茶色のシミの治療は、トラネキサム酸やビタミンCの内服と塗り薬が一般的です。治療にレーザーが使用される場合がありますが、顔脱毛に使うレーザーとは種類が違います

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

顔脱毛を検討する前に、皮膚科か美容皮膚科などで診察を受けてください。

濃いシミ・そばかす

濃いシミ・そばかすがある場合は、レーザーや光を照射できません。レーザーや光を照射するとシミやそばかすのメラニンに反応し、強い刺激を与える恐れがあるからです。

しかしシミやそばかすの部分を避ければ、レーザーや光を照射できます。

シミやそばかすの濃さが顔脱毛していいレベルか、医師やスタッフが判断します。カウンセリング時に相談しましょう。
» 脱毛サロンのカウンセリングの流れ

シミ・そばかすの違い

シミとそばかすの違いは、幼少期からあるかどうかです。そばかすは遺伝的要素が強く、大人になると薄くなる傾向にあります。

シミは紫外線を浴び続けることにより、大人になってから現れます。

シミもそばかすも原因はメラニンです。紫外線を浴びると濃くなったり増えたりするので、日焼け対策が必要です。

顔のシミやそばかすに効果が期待できる脱毛方式

シミやそばかすに効果が期待できる脱毛方式は以下の2つです。

  • アレキサンドライトレーザー
  • IPL脱毛

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザーは、毛が生える元になる細胞を熱で破壊し脱毛するレーザーです。アレキサンドライトレーザーは、肌をきれいにする治療(フォトフェイシャル)にも使われます。

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

顔脱毛とフォトフェイシャルの違いは照射時間です。顔脱毛で副次的に美肌効果が得られます。

レジーナクリニックは、アレキサンドライトレーザーを使えるジェントルレーズプロという脱毛機器を所有しています。
» 医療レーザーで顔脱毛するメリット

IPL脱毛

IPL(インテンスパルスライト)脱毛は、サロンで使われる光脱毛の一種です。IPLは美肌になるためのフォトフェイシャルにも使われています。

顔脱毛とフォトフェイシャルの違いはIPLの出力です。顔脱毛で副次的に美肌効果が得られます。
» IPL方式で顔脱毛するメリット

IPL脱毛は以下のサロンで使用されています。

» 人気の脱毛サロンおすすめランキング 

シミ・そばかすは顔脱毛で薄くなる可能性あり!

顔脱毛でシミやそばかすが濃くなると勘違いする理由は以下の3つです。

  • メラニンが肌の表面に押し出された
  • 脱毛後にケアを怠った
  • 紫外線対策を怠った

顔脱毛でシミやそばかすが消える理由は以下の2つです。

  • レーザーや光がメラニンに反応する
  • 肌のターンオーバーが促進する

両頬にできる薄茶色のシミはレーザーや光の照射で悪化する恐れがあるため、顔脱毛できません

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

疑わしい場合は皮膚科を受診して、判断してもらいましょう。

ツルツル肌を手に入れたい人必見!

顔脱毛におすすめのサロンを見る