【理想の眉へ】眉毛の顔脱毛方法と失敗しないための対策3選|メリット・デメリット

【理想の眉へ】眉毛の顔脱毛方法と失敗しないための対策3選|メリット・デメリット
  • 顔脱毛って眉毛まわりもできるよね?
  • 顔脱毛で眉毛がなくなったら怖い…
  • 眉毛脱毛に失敗したらどうなるの?

眉毛脱毛をする場合、眉の形は慎重に決めなければなりません。眉毛脱毛に失敗したら、納得できない眉の形のまま一生過ごさなければならないからです。信頼できる店舗を選ぶことも重要です。

この記事では眉毛脱毛の方法と失敗しないための対策を解説します。記事を読めば、眉毛脱毛が順調に進み、きれいな眉毛を手に入れられます。

眉毛は医療レーザーやニードル(針)、ワックスで脱毛が可能です。眉毛脱毛に失敗しないためには、なりたい眉の形を慎重に決めることが大切です。

眉毛脱毛の範囲は3つ

眉毛脱毛の範囲は眉上、眉間、眉下の3つ。

眉毛脱毛を受け付けているサロンやクリニックは少ないです。眉毛は目に近い場所でリスクを伴うからです。

眉上や眉間脱毛は対応していても、眉下脱毛ができる店舗はごく少数。眉毛周囲はギリギリまで照射する店舗もあれば、0.5cmあけて照射する店舗もあります。

サロンやクリニックと契約するときは、眉毛脱毛ができるかを必ず確認してください。
» 眉毛脱毛できる店舗が少ない理由
» 顔脱毛の範囲は店舗によって違う

眉毛脱毛の方法

眉毛脱毛の方法には以下の3つがあります。

  • レーザー脱毛
  • ニードル脱毛
  • ワックス脱毛

レーザー脱毛

眉毛脱毛の方法にはレーザー脱毛があります。レーザー脱毛は毛の生える元になる毛母細胞を破壊して脱毛する方法です。脱毛効果が高く永久脱毛が可能です。

レーザーの照射時にゴムで弾かれたような痛みがあります。しかし医療脱毛の場合は麻酔が使用できます。痛みが強く耐えられない場合はスタッフに伝えましょう。

» 顔脱毛が痛い理由

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

レーザー脱毛は、効果が高い眉毛脱毛を受けたい人におすすめです。

ニードル脱毛

眉毛脱毛の方法にはニードル脱毛があります。ニードル脱毛とは毛穴に細い針を挿入し電流を流して脱毛する方法。脱毛効果が高く、処理した毛は二度と生えてきません

ニードル脱毛は眉下のむだ毛も施術可能。光を照射する方法ではないため、目の近くでもリスクが低いからです。

痛みが強いのがデメリット。ニードル脱毛も麻酔が可能です。痛みに弱い人は麻酔を使用して施術を受けましょう。

ニードル脱毛は、眉下のむだ毛を確実に処理したい人におすすめです。

光脱毛は眉毛脱毛に向かない

光脱毛は眉毛脱毛に向いていません。光は拡散して広範囲に広がる特徴があるので、眉毛のように細かい部位の脱毛は難しいからです。

レーザーでピンポイントに照射したりニードルで1本1本脱毛したりする方が、きれいな形の眉毛になります。

ワックス脱毛

眉毛を脱毛するにはワックス脱毛があります。ワックス脱毛とは粘着性のあるワックス剤を肌に塗布し毛と密着させた後、勢いよく剥がして脱毛する方法。ワックス脱毛はセルフでする方法と、サロンでしてもらう方法があります。

ワックス脱毛のメリットは眉毛の形に失敗しても、やり直しがきくところ。ワックス脱毛は毛を抜くだけなので、しばらくすればまた生えてきます。

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

眉毛脱毛の失敗が怖い人にはワックス脱毛がおすすめです。

セルフで眉毛脱毛する方法

セルフで眉毛脱毛する方法を解説します。

  1. 理想の眉の形になるように、アイブローペンシルで描く
  2. 描いた眉の形からはみ出たむだ毛部分にワックスを塗る
  3. ワックスが固まったら、毛の流れに逆らって勢いよく剥がす
  4. 剥がした後は指で押さえる(痛み軽減のため)
  5. 痛みが残る場合は保冷剤などで冷やす

眉毛脱毛に失敗しないための対策3選

眉毛脱毛に失敗しないための対策には以下の3つがあります。

  • 眉毛の形は慎重に決める
  • スタッフと十分に打ち合わせる
  • 施術前後の保湿ケアは十分にする

眉毛の形は慎重に決める

眉毛脱毛に失敗しないため、眉毛の形は慎重に決めましょう。眉毛脱毛に失敗したら、気に入らない眉毛の形のまま一生過ごさなければならないからです。

眉毛の形を決めるためには情報を集めることが大切です。

  • 写真
  • インターネット画像
  • 雑誌の切り抜き

収集した画像の中から気に入った眉毛の形を選びます。流行に左右されることが少なく、自分の顔に合った眉毛の形を選びましょう。

自分で眉毛の形を決められない人は、カウンセリング時にスタッフへ相談しましょう。サロンやクリニックによってはアドバイスをくれたり、シェービングをしてくれたりする店舗もあります。
» 脱毛サロンのカウンセリングの流れ

店舗で相談できない場合は、シェービングサロンや美容室などで眉の形を整えてもらうのもおすすめです。自分に似合う眉の形が分かります。

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

ただし、眉毛サロンはおすすめしません。

眉毛サロンは基本的にワックス脱毛。レーザーやニードル脱毛前に毛を抜くと脱毛効果が下がります。

人気の眉毛の形3選

人気の眉毛の形3選を紹介します。

並行眉
目に対して平行な形(若々しい印象)
上がり眉
角度をつけた眉(凛々しい印象)
アーチ眉
アーチを描くような眉(やわらかい印象)

スタッフと十分に打ち合わせる

眉毛脱毛に失敗しないためには、施術スタッフと十分に打ち合わせることが重要です。自分のなりたい眉毛の形を、施術スタッフに理解してもらわなければならないからです。スタッフに上手く伝えられなければ、理想の形にならない恐れも。

スタッフへ上手に伝えるためには、写真や画像を見せるのが確実です。

眉毛脱毛の施術前には、脱毛範囲をはっきりさせるためにマーキングをする店舗がほとんどです。マーキングした後は形に不満がないか必ず確認しましょう。

施術前後の保湿ケアは十分にする

眉毛脱毛に失敗しないために、施術前後の保湿ケアは十分に行いましょう。肌の調子が悪いと眉毛脱毛が受けられません
» 顔脱毛の後に保湿が重要な理由

脱毛後の肌はバリア機能が低下し、乾燥や炎症が起こりやすい状態です。保湿を十分にして清潔に保ちましょう。
» 顔脱毛後に赤みが出る原因と対処法

眉毛脱毛の当日に気をつけること

眉毛脱毛の当日に気をつけることは3つあります。

  • メイクは脱毛前にオフ、脱毛後はノーメイクが無難
  • 日焼けは絶対避ける
  • 体温が上がる行為は禁止(運動・飲酒・サウナ)

脱毛前後に肌へ刺激を与えるとトラブルが起こりやすくなります。可能なかぎり肌へ負担がかからないように注意しましょう。
» 顔脱毛当日に気をつけること
» 顔脱毛前後のメイクで気をつけること

眉毛脱毛に失敗したときの対策

眉毛脱毛に失敗したときの対策は以下の3つです。

  • 店舗に申告する
  • しばらく様子をみる
  • アートメイクなどで色をつける

店舗に申告する

レーザーや光の照射後、眉毛脱毛の失敗に気がついたときは、すぐに店舗へ連絡しましょう。レーザーや光が誤って眉毛に当たった可能性があるからです。

眉毛の状態を実際に見て、失敗か否かを判断してもらいます。店舗側が失敗を認めた場合は施術料金を返金してくれるケースも。

店舗側からの説明に納得がいかない場合は、消費者センター(電話番号「188」)に相談することをおすすめします。
» 消費者ホットライン
» 顔脱毛6つの失敗例

しばらく様子をみる

眉毛脱毛の失敗に気がついたときは、しばらく様子をみるのも一つの手です。一度の照射で全ての毛が抜けるわけではないからです。

光脱毛やワックス脱毛であれば、しばらくすると毛が生えてきます。効果の高いレーザー脱毛であっても、休んでいた毛(毛周期の休止期)が活動を始めると生えてきます。

※毛周期とは毛が生え変わるサイクルのこと

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

ただしニードル脱毛の場合、一度施術した毛はもう生えてきません。

いずれにしても、眉毛脱毛が失敗したと感じたときはまずは店舗に連絡することが大切です。連絡した上で、眉毛の様子をしばらく観察してみることをおすすめします。
» 顔脱毛は本当にするべきか?

アートメイクなどで色をつける

脱毛に失敗し眉毛が生えてこない場合は、眉毛の下の肌に色をつける方法があります。色を付ける方法は以下の3つです。

アートメイク
皮膚の浅い部分に針を挿入し色をつける方法
(1~3年ほどもつ)
タトゥー
アートメイクよりも皮膚の深い部分に色をつける方法
(一生消えない)
ティント
皮膚のごく浅い部分を染める方法
(クレンジングで落ちるもの、1週間程度もつものがある)

アートメイクやタトゥーは皮膚に針を刺す施術です。信頼できる医療機関で施術を受けるのが賢明です。

一方ティントは、メイクと同じように眉毛を描くだけで着色できます。初心者でも簡単です。
» Fujiko(フジコ) 眉ティント

眉毛脱毛のメリット

眉毛脱毛のメリットには以下の3つがあります。

  • 自己処理が不要になる
  • 剃り跡が残らなくなる
  • 形がきれいな眉をキープできる

自己処理が不要になる

眉毛脱毛すると自己処理が不要になります。眉毛の周りにむだ毛が生えてこないからです。

眉毛を剃ったり抜いたりする行為は肌を大いに痛めます。むだ毛の自己処理が減れば、肌の調子もアップ。面倒なむだ毛の自己処理から解放され、時間の余裕もできます。

» 顔脱毛のメリット・デメリット

剃り跡が残らなくなる

眉毛脱毛すると剃る必要がなくなるので、剃り跡を気にしないですみます。眉のむだ毛を毛根から抜くからです。

毛を剃ると断面が目立つので、暗くなったり青く見えたりします。しかもすぐに生えてくるので頻繁に処理が必要です。頻繁の自己処理では肌が荒れ、剃り跡がさらに汚く見えます。

眉毛脱毛すると剃り跡が残らなくなります。毛穴が引き締まり、肌の調子が整うのもメリットです。
» 顔脱毛で毛穴が目立たなくなる理由

形がきれいな眉をキープできる

眉毛脱毛すると、形がきれいな眉をキープできます。不要な眉周りの毛がなくなるからです。

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

自己処理だと少し手を抜いただけで眉毛が繋がったり、太くぼさぼさになったりします。

手入れしなくてもきれいな眉をキープできるのは大きなメリットです。

眉毛脱毛のデメリット

眉毛脱毛のデメリットは以下の3つです。

  • 眉毛脱毛は痛みが強い
  • 眉毛脱毛できる店舗が少ない
  • 眉毛脱毛に失敗したら元に戻せない

眉毛脱毛は痛みが強い

眉毛脱毛のデメリットは痛みが強いこと。眉毛は骨の上にあるからです。骨の近くの脱毛は痛みが強いです。

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

レーザー脱毛やニードル脱毛では麻酔を使用できます。痛みに弱い人は麻酔を使って脱毛しましょう。

» 顔脱毛が痛い理由

眉毛サロンなどで行うワックス脱毛は麻酔を使えません。しかしワックス脱毛はシートを剥がす一瞬の痛みだけなので、耐えられない人はほとんどいません。脱毛後は手で押さえたり冷やしたりして痛みをケアしてくれます。

眉毛脱毛できる店舗が少ない

眉毛脱毛のデメリットは、施術する店舗が少ないことです。眉毛脱毛は細かい部分なので施術が難しく、目へのリスクが高いからです。

眉毛は目に近い場所。レーザーや光を誤って目に照射した場合、視力低下や失明の危険があります。

店舗ではゴーグルなどで目を保護し、誤って照射しないように対策されているので心配はいりません。しかし万が一光が目に入った場合のリスクが高いので、眉毛脱毛を受け付けている店舗は少ないです。

眉毛脱毛に失敗したら元に戻せない

眉毛脱毛のデメリットは、失敗したら元に戻せないことです。レーザーやニードル脱毛は永久脱毛なので、毛が生えてきません

脱毛に失敗しないよう眉毛の形は慎重に決め、スタッフと十分に打ち合わせすることが大事です。
» 眉毛脱毛に失敗しないための対策

ワックス脱毛なら永久脱毛ではないので、しばらくすると毛は生えてきます。眉毛脱毛の失敗が怖い人はワックス脱毛がおすすめです。

未成年者は保護者の同意が必要

未成年者が眉毛脱毛する場合は保護者の同意が必要です。店舗によっては、カウンセリング時に親の同伴や電話確認が必要な場合もあります。

未成年の人はカウンセリング予約をする際に、必要書類を確認しましょう。
» 未成年は何歳から脱毛できる?

眉毛脱毛ができるサロン・クリニック

眉毛脱毛ができるサロン・クリニックを5つ紹介します。

サロン名眉上眉間眉下
ラココ
LACOCO
(ラココ)
できるできるできない
エステティックTBC
エステティック
TBC
できるできるできる
アリシアクリニック
アリシア
クリニック
できるできるできる
トイトイトイクリニック
トイトイトイ
クリニック
できるできるできる
※オプション
湘南美容クリニック
湘南美容
クリニック
できる要相談できない

» 顔脱毛の範囲は店舗によって違う

LACOCO(ラココ)

LACOCO(ラココ)

LAACOCO(ラココ)では眉上と眉間の脱毛が可能です。

LACOCO(ラココ)の脱毛方式はSHR脱毛。SHR脱毛は発毛の司令を出すバルジ領域を低温で連続照射します。痛みが少ない脱毛を受けられるのが特徴です。

エステティックTBC

エステティックTBC

エステティックTBCでは眉上、眉間、眉下の脱毛が可能です。眉下はアイホール部分を避けて施術します。

エステティックTBCは美容電気脱毛。「終わりのある脱毛」と言われるほど効果の高い方法です。

アリシアクリニック

アリシアクリニック

アリシアクリニックでは眉上、眉間、眉下のレーザー脱毛を受けられます。眉下は皮膚を骨の部分まで引っ張り上げて照射します。照射技術が高いからこそできる方法です。

トイトイトイクリニック

トイトイトイクリニック

トイトイトイクリニックでは眉上、眉間、眉下のレーザー脱毛を受けられます。眉下はオプションで別料金(1回8,800円)がかかります。

トイトイトイクリニックでは眉のデザインが無料です。照射前に看護師と範囲を決められるのがメリットです。

湘南美容クリニック

湘南美容クリニック

湘南美容クリニックでは額の一部として眉上のレーザー脱毛が可能。(眉間脱毛は要相談)ただし眉毛の周囲は、0.5cmあけて照射するように決められています。

額(眉上を含む)の脱毛は1回6,180円で受けられます。

ミュゼやキレイモでは眉毛脱毛できない

ミュゼプラチナムキレイモで眉毛脱毛はできません。眉毛脱毛はリスクが高いからです。

ミュゼプラチナムの脱毛範囲に目や眉の周りは含まれていません。キレイモの脱毛範囲に眉毛はありません。

眉毛脱毛に必要な回数と期間

眉毛脱毛に必要な回数と期間は以下のとおりです。

  • 2~3回で脱毛効果を実感できる
  • 脱毛完了までの期間は約1年

2~3回で脱毛効果を実感できる

眉毛脱毛は約2~3回で効果を実感できます。眉毛は細かい部位なので変化が分かりやすいからです。

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

眉毛脱毛は回数を重ねるごとにツルツル肌へ近づけます。

» 顔脱毛に必要な回数は何回?

脱毛完了までの期間は約1年

眉毛脱毛が完了するまでの期間は約1年です。レーザー脱毛やニードル脱毛は毛周期に合わせた施術が必要だからです。1~2ヶ月毎に施術を行うと約1年かかります。

ワックス脱毛は永久脱毛ではないため脱毛が完了することはないですが、ツルツル肌が約1ヶ月もちます。(個人差あり)
» 顔脱毛が完了するまでの期間

眉毛脱毛の料金は脱毛方法・プランで違う

眉毛脱毛の料金は脱毛方法やプランによって変わります。

レーザーや光脱毛の場合、眉毛脱毛のみと顔脱毛に眉毛が含まれるプランで料金が変わります。

眉毛のみの
プラン
顔脱毛に眉毛が
含まれるプラン
光脱毛1回
約6,000円~
1回
約2,000円~
レーザー
脱毛
1回
約6,000円~
1回
約9,000円~

※店舗によって変わるので目安程度にしてください。

ニードル脱毛の料金設定は、1本あたりの場合と時間あたりの場合があります

1本あたりの料金は、数百円~1,000円以上。時間あたりの料金は30分10,000円~、1時間10万円~など店舗ごとに大きな差があります。
» 顔脱毛の料金相場

ワックス脱毛であれば、眉毛サロンで1回5,000~10,000円ほどで施術が可能です。市販のワックスシートであれば1,000円ほどで購入できます。
» NATURECO ワックス脱毛シート

眉毛脱毛して美眉を目指そう!

眉毛の顔脱毛方法は3つあります。

  • レーザー脱毛
  • ニードル脱毛
  • ワックス脱毛

眉毛脱毛に失敗しないための対策は以下の3つです。

  • 眉毛の形は慎重に決める
  • スタッフと十分に打ち合わせる
  • 施術前後の保湿ケアは十分にする
顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

眉毛脱毛に失敗しないための対策を実行して施術を受け、理想の眉を目指しましょう。

ツルツル肌を手に入れたい人必見!

顔脱毛におすすめのサロンを見る