【顔脱毛のベストな間隔は1~2ヶ月】施術の間をあけすぎた場合のデメリット2選!

【顔脱毛のベストな間隔は1~2ヶ月】施術の間をあけすぎた場合のデメリット2選!
  • 顔脱毛の間隔が2ヶ月以上あいたんだけど効果がなくなる?
  • 医療脱毛は1~2ヶ月間隔というけど、きっちり守らないといけない?
  • 顔脱毛を早く終わらせたいから、ベストな間隔をおしえて!

顔脱毛の間隔をあけすぎると、レーザーや光の脱毛効果が下がります。脱毛効果が低いのに施術を受けても無駄になるだけ。施術を効率的に進めるためのスケジュールも崩れます。脱毛完了までの期間が延長する恐れも。

この記事では、顔脱毛のベストな間隔と間をあけすぎた場合のデメリットを解説します。記事を読めば、顔脱毛の間隔を守るための知識が得られます。

顔脱毛のベストな間隔は1~2ヶ月です。間隔をあけすぎた場合は、毛周期に合わせた施術ができず脱毛回数が増える恐れがあります。しかし一度脱毛した部分の効果がなくなるわけではありません。

顔脱毛のベストな間隔は1〜2ヶ月

顔脱毛を効率的に進めるためのベストな間隔は1~2ヶ月。顔の毛が生え変わるサイクル(毛周期)は1~2ヶ月だからです。

医療脱毛もサロン脱毛も、ベストな施術間隔は同じです。ただしサロン脱毛の光脱毛で例外があります。

SSC脱毛とSHR脱毛は、2週間に1回の施術が理論上可能。SSC脱毛とSHR脱毛は肌にかかる負担が少ないからです。SHR(蓄熱式)脱毛は毛周期に合わせなくても効果が得られます。

SSC脱毛
美容成分を含むジェルを肌に塗り光を照射する脱毛法
SHR(蓄熱式)脱毛
低い出力の光を繰り返しバルジ領域に当て続け脱毛する方法
※バルジ領域とは、毛を作る細胞へ発毛の司令を出す器官

しかし脱毛サロンやクリニックは予約を取りづらい店舗が多く、実質2週間に1回の施術ができない場合があります。

SHRはまだ分かっていない部分も多い新しい脱毛方法です。症例を見ながら、脱毛方法や施術間隔などが見直されていく可能性があります。
» 顔脱毛にSHR方式が効果的な理由

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

施術の間隔はどの脱毛方法でも、毛周期に合わせた1~2ヶ月だと間違いありません。

湘南美容クリニックでは1ヶ月以上間隔をあける(毛が生え揃ってから)、ミュゼでは1~3ヶ月間隔で脱毛することを推奨しています。

脱毛回数を重ねたら間隔をあける

顔脱毛の回数を重ねたら、施術間隔をあけましょう。脱毛効果が出て毛が少なくなると、生え揃うのも遅くなります

レーザーや光を照射するのは、顔の毛が生え揃ってからの方が脱毛効果は高いです。

1~2回目は1~2ヶ月おき、3~4回は2~2ヶ月半おきなどと少しずつ脱毛間隔をあけていきます。個人差があるので、毛の生え方を観察しながら脱毛を進めましょう。
» ツルツル肌になるための顔脱毛は何回?

間隔を守って顔脱毛を受けるべき理由

顔脱毛を受けるとき、間隔を守るべき理由は以下の2つです。

  • 毛周期に合わせるため
  • 肌へのダメージを防ぐため

毛周期に合わせるため

顔脱毛の間隔を守るべき理由は、施術する時期を毛周期に合わせるためです。脱毛のレーザーや光は成長期にある毛にしか効果を発揮しないからです。

毛周期とは、毛が「育って、抜けて、休む」一連のサイクルのこと。それぞれ成長期、退行期、休止期と呼びます。

成長期の毛は太くて色素が濃いので、レーザーや光が強く反応します。しかし退行期や休止期の毛は細く、いずれ抜けてしまうので脱毛効果はありません。

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

「成長期」の毛にピンポイントで施術するために、毛周期に合わせた施術が大切です。

肌へのダメージを防ぐため

顔脱毛の間隔を守るのは、肌のダメージを最小限にするためです。レーザーや光の照射は肌に大きな負担をかけます

顔脱毛の施術を受けたあとの肌は軽いダメージを負った状態です。肌がいつもの調子に戻るまで十分なスキンケアと、刺激を与えない過ごし方が大切です。クレンジングや洗顔時に肌をゴシゴシこすらないように気をつけましょう。日焼け対策をすることも大事です。
» 顔脱毛中の日焼けがダメな理由

顔脱毛の間隔が短いと、次の施術までに肌が回復するのを妨げます。
» 顔脱毛の翌日に気をつけること5選

顔脱毛の間隔をあけすぎた場合のデメリット2選

顔脱毛の間隔をあけすぎたときにおこるデメリットは以下の2つです。

  • 脱毛効果が下がる
  • 顔脱毛の回数が増える

脱毛効果が下がる

顔脱毛の間隔をあけすぎると脱毛効果が下がります。間隔が3ヶ月をすぎるとむだ毛が成長期から退行期に入るからです。

脱毛のレーザーや光が有効なのは成長期にあるむだ毛だけ。退行期に入った毛に照射しても脱毛効果は得られません。

「仕事が忙しい」「生理中」などでやむを得ず間隔があいてしまった場合、毛が生えそろった成長期から脱毛を再開できます。
» 顔脱毛は生理中を避けるべき理由

すでに脱毛した部分の効果がなくなるわけではないので心配はいりません。

顔脱毛の回数が増える

顔脱毛の間隔をあけすぎると、最終的な施術回数が増えます。脱毛する予定だった毛が退行期に入るからです。

退行期に入った毛にレーザーや光を照射しても脱毛効果は得られません。照射しても脱毛処理できる毛は少なくなります。

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

1度に脱毛する量が少ないので、すべての毛を脱毛するには回数が増えます。

» 顔脱毛に必要な回数は平均3~6回

間隔をあけても顔脱毛を休むべきケース

間隔をあけても顔脱毛を休むべきケースは以下の2つです。

  • 肌の調子が悪い
  • 体調が悪い

肌の調子が悪い

肌の調子が悪い場合は顔脱毛を休みましょう。間隔をあけないよう無理に顔脱毛を受けると、肌トラブルをおこす恐れがあるからです。

肌の調子が悪い状態で顔脱毛を受けると、新たな肌トラブルがおこったり痛みを強く感じたりします。肌荒れなどで炎症をおこした状態では施術を断られます。
» 顔脱毛後に赤みが出る原因と対処法

体調が悪い

体調が悪いときも顔脱毛を休みましょう。無理に顔脱毛を受けると施術中に気分が悪くなる場合があります

体調不良には睡眠不足や疲労、生理中などさまざまな要因があります。もし風邪薬や痛み止めなどの薬を飲んだ場合は顔脱毛できません。薬を飲んでいる状態で施術を受けると光過敏症を引き起こす恐れがあるからです。
» 顔脱毛当日の疑問・注意点について

風邪をひいて咳や鼻水などの風邪症状がある場合も、顔脱毛は休みましょう。施術するスタッフや他のお客さんに感染する恐れがあります

顔脱毛の間隔があいても、体調が元に戻るまで施術は休みましょう。
» 顔脱毛できない人の特徴と対策

顔脱毛のベストな間隔を守ろう

顔脱毛のベストな間隔は1~2ヶ月です。毛が生えて抜けるまでのサイクルが1~2ヶ月だからです。

施術の間隔をあけすぎた場合は以下のようなデメリットがあります。

  • 脱毛効果が下がる
  • 顔脱毛の回数が増える

間隔をあけすぎても、毛が生え揃った時期から脱毛を再開できます。やむを得ない事情で間隔があいてしまいそうな方も心配はいりません。
» 顔脱毛の期間と最短で終わらせるコツ

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

顔脱毛を効率的に進めるためには、1~2ヶ月の間隔を守りましょう。

ツルツル肌を手に入れたい人必見!

顔脱毛におすすめのサロンを見る