【顔脱毛が痛い理由】痛みに弱い女性が医療脱毛するための対策3選

【顔脱毛が痛い理由】痛みに弱い女性が医療脱毛するための対策3選
  • 顔脱毛が痛すぎるって本当?
  • 顔脱毛って何回くらいで終わる?
  • 医療脱毛とエステサロン脱毛ってどう違うの?

顔脱毛の知識がない状態で脱毛の契約をしてしまうと、痛みに耐えられず途中で挫折してしまう可能性も。

この記事では、顔脱毛の痛みを最小限に抑える方法を紹介します。記事を読めば、顔脱毛を安心して受けられます。脱毛後はお手入れ不要のツルツル肌です。

顔脱毛は体の脱毛に比べると痛みを感じやすいです。しかし顔脱毛の痛み対策を実行すれば、痛みに弱い女性でも顔脱毛を受けられます。

顔脱毛が痛い理由

顔脱毛が痛い理由は以下の3つです。

  • 顔は皮膚が薄くて敏感
  • レーザーの熱が周りの皮膚に伝わる
  • 肌が乾燥している

顔は皮膚が薄くて敏感

顔の皮膚は、腕や背中などに比べると薄くて敏感。

医療脱毛の痛みは一般的に「ゴムで弾かれるような痛み」と表現されます。

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

顔と腕をゴムで弾いた様子を想像して比べてみると、痛みの違いをイメージできます。

レーザーの熱が周りの皮膚に伝わる

脱毛に使われるレーザーの熱は毛だけでなく皮膚にも伝わります。

顔脱毛に使われるレーザーは毛が生える元になる細胞(毛母細胞)へ照射。本来レーザーは黒色である毛にしか反応しません。しかし、レーザーの熱は周りの皮膚にも伝わり、痛みとして感じるのです。

肌が乾燥している

肌の乾燥は痛みを助長させます。肌が乾燥しバリア機能が低下すると敏感になります。

冬になり空気が乾燥したら、肌荒れして痛くなるのと同じです。敏感になっている肌にレーザーが照射されると、痛みを強く感じます。

顔脱毛の痛みが出やすい部位

顔脱毛の中では、特に皮膚が薄い口や目の周りの痛みが強く出ます。

口の周り

口の周りは脱毛の痛みが出やすい場所。特に鼻下や顎は痛みが強いです。鼻下や顎は皮膚が薄く骨や粘膜が近いからです。

人によっては歯の痛みが出る場合もあります。

目の周り

目の周りも脱毛の痛みが出やすい場所。特に額や眉間、眉上下も痛みが強いです。額や眉毛の周辺も皮膚が薄く骨や粘膜が近いからです。

ただし、目の周りの脱毛は目のトラブルにつながる危険も。対応していないクリニックも多く存在します。
» 眉毛の顔脱毛方法と失敗しないための対策

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

顔脱毛の対応部位は、クリニックやエステサロンによって違います。

事前に各クリニックの対応部位を確認しましょう。
» 顔脱毛の範囲と対応クリニック・サロン

顔脱毛とVIO脱毛はどちらが痛いのか?

Yahoo!知恵袋で口コミをチェックしました。

・VIOより鼻下脱毛の方が痛かった
» 口コミをチェック

・VIOの方が痛く、顔はなんともなかった
» 口コミをチェック

どちらが痛いかは個人の感じ方による」ということが分かりました。

顔脱毛の痛みを軽減するための対策3選

顔脱毛の痛みを軽くするための対策を3つ紹介します。

  • 肌の調子を整える
  • 麻酔をお願いする
  • レーザーの出力を下げてもらう

肌の調子を整える

顔脱毛の痛みを軽減するためには、肌の調子を整えることが大事です。

肌が乾燥しているとレーザーの熱が広がりやすく、強い痛みを感じます。肌が乾燥してバリア機能が壊れてしまうのを防ぐために、化粧水や美容液などで保湿しましょう。

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

食生活の乱れ、ストレス、睡眠不足は、肌荒れの原因になります。

規則正しい生活を送り体調も整えましょう。体調を整えれば、お肌の調子も整います。
» 顔脱毛の前日までに気をつけること

麻酔をお願いする

痛みに弱い方は、最初から麻酔をお願いしましょう。顔脱毛の痛みは我慢する必要がないからです。麻酔が顔脱毛の効果に影響を与えることはありません。

ただし麻酔は医療脱毛でしかできません。麻酔を使用したい方は、エステサロン脱毛ではなく医療脱毛を選びましょう。
» 医療脱毛とエステサロン脱毛比較

クリニック側は脱毛時の痛みを心配する人が多いことは把握しています。痛みに弱い人のために、麻酔を使うかをあらかじめ確認してくれます。遠慮せずに麻酔をお願いしましょう。

麻酔をするには追加料金が必要です。無料で麻酔できるクリニックもあります。
» 顔脱毛の料金相場と費用を抑えるコツ

レーザーの出力を下げてもらう

顔脱毛の施術中に痛みが出てきた場合は施術者に伝えましょう。施術者は、顔脱毛を受けている人の痛みは分かりません。

顔脱毛の痛みが強いことを教えてもらえれば、施術者はレーザーの出力を調節できます。

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

顔脱毛の施術中に痛みが強くなってきたときは、遠慮せずにレーザーの出力を下げてもらいましょう。

医療脱毛とエステサロン脱毛比較

医療脱毛とエステサロン脱毛を項目別に比較しました。

医療脱毛エステサロン脱毛
脱毛方式レーザー脱毛光脱毛
痛み強い(麻酔可能)弱い(麻酔不可)
効果永久脱毛減毛、抑毛
1回の施術時間30~40分20~30分
トラブル時対応可能別の病院での対応
効果実感までの回数5~6回10~15回
脱毛完了までの期間1年2~3年
費用9万円(5回)10万円(10回)

※脱毛完了までには個人差があり、医療施設やエステサロンによって違いがあります。平均値として参考にしてください。
» どっちがいい?医療脱毛と美容脱毛の違い

顔脱毛の痛み比較

エステサロンの光脱毛よりも医療脱毛のレーザーの方が痛みが強いです。医療レーザーの出力の方が大きいからです。しかし、エステサロンの光脱毛も無痛ではなく多少の痛みは伴います。

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

痛みを強く感じてしまった場合、医療脱毛であれば麻酔が可能です。エステサロン脱毛では麻酔ができません。

エステサロン脱毛で痛みが出てきたときは、出力調節やクーリング(冷やす)で対応します。

顔脱毛の痛みに耐えられそうにない方の2つの選択肢

  • 麻酔を使って医療脱毛を受ける
  • 痛みの少ないエステサロン脱毛を選ぶ

エステサロン脱毛を選んだ場合、痛みが強く出ても麻酔を使えません。痛みに耐えられそうにない方は、最初から麻酔ありで医療脱毛を受ける方が賢明です。

医療脱毛の特徴

医療脱毛は脱毛完了までの期間が短く、確実に効果を実感できるのが特徴です。医療レーザーの脱毛効果は永久的。毛の生える元の細胞(毛母細胞)を破壊するからです。
» 医療レーザーで顔脱毛するメリット

施術1回分の費用は約1.8万円と高め。しかし、エステサロン脱毛よりも少ない回数で効果を実感できます。総合的に見るとコスパが良いです。
» 顔脱毛に必要な回数は何回?

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

皮膚トラブルが起こった場合、クリニックに常駐している医師にすぐに診察してもらえるのも安心です。

エステサロン脱毛の特徴

エステサロン脱毛は脱毛完了までの期間が長く、効果を実感しにくいのが特徴です。

エステサロンで使用する光脱毛は、医療脱毛に比べると出力が弱いです。光脱毛は毛の生える元の細胞(毛母細胞)にダメージを与えることしかできません。光脱毛で処理した毛は、また生えてくる可能性があるのです。

しかし、脱毛の痛みが医療脱毛に比べて弱いメリットもあります。施術1回分の費用が約1万円と安いのもメリットです。

顔脱毛を受けるときの注意点

顔脱毛を受けるときに注意するべきことを3つ説明します。

  • 日焼けをしない
  • シェービングする
  • 生理中は避ける

日焼けをしない

顔脱毛を受けるときは日焼けをしてはいけません。脱毛のレーザーは黒色(メラニン)に反応し熱を照射します。日焼けをすると、肌にメラニン色素が増えます。

レーザーは毛だけでなく肌のメラニンにも反応し、強い刺激を与える危険があるのです。顔脱毛中は日焼けをしないように気をつけましょう。
» 断られた!顔脱毛中の日焼けがダメな理由

シェービングする

顔脱毛をする前にシェービングする必要があります。

毛が生えていると毛の周りの肌にもレーザーの熱が伝わってしまい、炎症のリスクが高くなります
» 顔脱毛後に赤みが出る原因と対処法

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

肌の表面に毛が残らないように、丁寧にシェービングしましょう。

シェービングするタイミングは、顔脱毛する日の2日前か前日が最適です。シェービング直後の敏感になっている肌にレーザーを当てると、トラブルの原因になります。
» 顔脱毛前の自己処理はどこまで剃る?

シェービングはお肌に傷が入らず、優しく剃れる電気シェーバーを使うのがおすすめです。
» 顔脱毛の前日までに気をつけること

生理中は避ける

生理中の顔脱毛は避けましょう。顔脱毛の痛みが強く出る可能性があります。

女性はホルモンバランスによって体調や精神面の変化が大きくなります。特に生理中はお肌が敏感になったり、気分にムラが出たりするものです。

お肌の調子が崩れたり、気分の落ち込みなどが出た場合は、顔脱毛の痛みにも影響します。生理中の顔脱毛は避け、体調が良いときに施術を受けましょう。
» 顔脱毛は生理中を避けるべき理由

顔脱毛した後の注意点

顔脱毛を受けた後に注意するべきことは以下の2点です。

  • 必ず保湿ケアをする
  • メイクは肌が落ち着いてから

必ず保湿ケアをする

顔脱毛を受けた後は必ず保湿ケアをしましょう。レーザーの熱の影響を受けた肌はデリケートになっています。

いつもよりも多めの化粧水でしっかり水分を与え、上から保湿液でフタをします。肌の表面が乾燥してしまわないように、しっかり保湿しましょう。
» 顔脱毛の後に保湿が重要な理由

メイクは肌が落ち着いてから

顔脱毛後すぐのメイクはできるだけ避けましょう。メイクによる刺激、メイクオフするときの摩擦は肌に負担をかけます。

しかし、紫外線が強い季節にノーメイクで外出するのも脱毛後の肌には悪影響。日焼け止めだけ塗るか軽いメイクにとどめておき、帰宅後はすぐに洗顔しましょう。洗顔する際は、ゴシゴシこすったりせずに優しく洗います。
» 顔脱毛前後の化粧で気をつけること

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

肌のヒリヒリ感や赤みが完全に引けば、顔脱毛の翌日からフルメイクできます。

» 顔脱毛の翌日に気をつけること

顔脱毛に関するQ&A

顔脱毛に関する疑問にお答えしていきます。

顔脱毛はしないほうがいい?

肌の美しさを追求する方、自己処理の煩わしさから開放されたい方に顔脱毛はおすすめです。

顔脱毛後の肌は毛穴が目立ちにくくなり、キメがこまかくなります。肌の色が明るくなったと感じる方も多く、化粧ノリが良くなるメリットもあります。

顔のうぶ毛は自己処理すればいいと考える方に顔脱毛は必要ありません
» 顔脱毛しないほうがいいと言われる理由

ほくろがあっても顔脱毛できる?

ほくろがあっても顔脱毛は可能です。

ほくろの色は毛と同じメラニン色素からできていて、レーザーを当てるとダメージを受けます。ほくろはダメージを受けた後、皮膚の上に押し出されてかさぶたになり、自然と剥がれ落ちるのです。
» 顔にほくろがあるときの脱毛方法

ほくろの大きさや濃さによっては顔脱毛ができないケースもあります。気になる方は、クリニックの医師やスタッフに確認しましょう。
» 顔脱毛できない人の特徴と対策

顔脱毛のデメリットは?

顔脱毛のデメリットは以下2つのリスクがあることです。

  • 毛穴に雑菌が侵入して炎症を起こす
  • レーザーの刺激で毛が濃く太くなる

毛が濃く太くなった場合の対処法は2つあります。

  • 脱毛のレーザーや光を継続して照射する
  • ニードル脱毛に切り替える

確実に効果を実感したい方にはニードル脱毛をおすすめします。

ニードル脱毛とは、毛穴に直接針を指して電流を流し毛根にダメージを与えて脱毛する方法です。

デメリットを把握した上で顔脱毛するか決めましょう。
» 顔脱毛の失敗例と後悔しないための対策

痛みに弱くても医療脱毛できる?

痛みに弱い方でも医療脱毛は可能です。医療脱毛であれば、医師や看護師が常駐しているので麻酔を使用できます。

麻酔を使用したあとでも痛みが続く場合は、麻酔を追加するなどの対応も可能です。エステサロン脱毛では麻酔ができません。

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

痛みに弱い人こそ医療脱毛が向いています。

顔脱毛の痛みは対策すれば回避できる

顔脱毛が痛い理由は以下の3つ。

  • 顔は皮膚が薄くて敏感
  • レーザーの熱が周りの皮膚にも伝わる
  • 肌が乾燥している

痛みを軽減するための対策は以下のとおりです。

  • 肌の調子を整える
  • 麻酔をお願いする
  • レーザーの出力を下げてもらう

顔脱毛は回数を重ねるごとに痛みが軽くなります。回数を重ねると毛の量が減り、レーザーが反応する場所が少なくなるからです。

痛みに弱い女性は痛みに対して恐怖感があると思います。しかし、上記の痛み対策を実行すれば顔脱毛を問題なく受けられます

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

心配なことがあるならカウンセリングで相談しましょう。

ツルツル肌を手に入れたい人必見!

顔脱毛におすすめのサロンを見る