【顔脱毛は効果ない?】実感できるのは約5~15回|メリットとデメリット!

【顔脱毛は効果ない?】実感できるのは約5~15回|メリットとデメリット!
  • 顔脱毛はどれくらいの効果あるの?
  • 脱毛はうぶ毛には効果がないと聞くけど大丈夫?
  • 顔脱毛のデメリットが怖い…

顔脱毛は毛穴が目立ちにくくなるなどメリットがあります。一方で他の場所の脱毛に比べると効果を実感しにくいデメリットも。

顔脱毛のデメリットやリスクを把握してないと、後悔する事態に陥る恐れもあります

この記事では、顔脱毛の効果を実感するまでにかかる期間や料金、メリット・デメリットを解説します。記事を読めばメリット・デメリットを理解した上で、効果的に顔脱毛を受ける方法が分かります

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

顔脱毛の効果を実感できるまでは1~3年かかり、5~10万円の費用が必要です。

顔脱毛はすぐに効果を実感できない

顔脱毛の効果を実感するまでの回数・期間・料金は以下のとおりです。

  • 5~15回の施術が必要
  • 効果を実感できるまで1~3年かかる
  • 5~10万円かけないと実感できない

5~15回の施術が必要

顔脱毛の効果を実感できるまでに必要な回数は約5~15回。顔脱毛は腕や脚の脱毛に比べると、効果を実感できるまでが長いです。腕や脚の脱毛は約3~10回で効果を実感できます。

顔のうぶ毛は腕や脚の毛に比べると色が薄くて細いので、脱毛レーザーや光が反応しづらいからです。
» 顔脱毛に必要な回数は何回?

効果を実感できるまで1~3年かかる

顔脱毛の効果を実感できるまでは1~3年ほどかかります。顔脱毛は毛の成長期に合わせて、1~2ヶ月に1回の間隔で施術するからです。

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

顔の毛は1~2ヶ月に1回のペースで生え変わります。脱毛は成長期の毛に施術するのが一番効果的です。

2ヶ月に1回、合計6回の施術で効果を実感できた場合、1年かかる計算になります。
» 顔脱毛のベストな間隔は1〜2ヶ月

5~10万円かけないと実感できない

顔脱毛の効果を実感できるまで約5~10万円かかります。

他の部位ではどのくらいの料金がかかるのか調べて表にしました。

医療脱毛(5回分)の料金サロン脱毛(6回分)の料金
10万円前後5~10万円
ワキ1~2万円1~2万円
腕(脚)10万円前後6~10万円
VIO10万円前後5~8万円
全身プラン20~30万円10~20万円

※脱毛料金は個人やサロン、クリニックによって変動があります。
» どっちがいい?医療脱毛と美容脱毛の違い

顔以外の部位も顔脱毛の料金と同じくらいの約6~10万円かかることが分かりました。ワキのみの脱毛であれば、他の部位よりも格安で受けられます。
» 顔脱毛の料金相場と費用を抑えるコツ

顔脱毛の効果とメリット

顔脱毛で得られる効果とメリットは以下のとおりです。

  • 毛穴が目立たなくなる
  • 化粧ノリが良くなる
  • スキンケアの効果がアップする
  • 自己処理による肌トラブルが減る
  • 顔のムダ毛処理をしなくてすむ

毛穴が目立たなくなる

毛がなくなると毛穴は目立ちにくくなります。毛穴が小さくなるからです。

毛穴が小さくなると中に汚れが詰まりにくくなり、肌の黒ずみも解消されます肌の調子が改善する方も多いです。毛穴が目立たなくなると肌のキメがそろって綺麗に見えます。
» 顔脱毛で毛穴が目立たなくなる理由

化粧ノリが良くなる

顔からうぶ毛がなくなると化粧のノリが良くなります。

うぶ毛が生えた状態で化粧をしても、化粧下地やファンデーションは肌に密着しにくいです。

顔剃りのあとは化粧ノリが良くなることと同じです。化粧下地やファンデーションのノリが良くなると部分メイクが映えます。

スキンケアの効果がアップする

顔脱毛するとスキンケアの効果が上がります。うぶ毛がある状態で化粧水や保湿液をつけても100%肌に届いていません。顔のうぶ毛がなくなれば遮るものがなくなります。

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

顔脱毛すればスキンケアの効果がアップ。スキンケアの効果が上がれば肌の調子も上がります。

自己処理による肌トラブルが減る

顔脱毛すると自己処理の必要がなくなります。 

カミソリでの処理は肌に傷をつけたり肌表面の皮脂や角質を過剰に削り取ったりします。毛抜きでの処理は毛穴や肌にダメージを与え、毛が肌の中で成長して出られなくなる「埋もれ毛」になる恐れも。

顔脱毛すると自己処理しなくてもすむので、肌トラブルのリスクが減ります。肌トラブルが減ると自分の肌に自信がもてます。 

顔のムダ毛処理をしなくてすむ

顔脱毛をすると自己処理で面倒な思いをしなくてすみます。毛が生えてくるたびに剃ったり抜いたりする必要がなくなるからです。

顔のうぶ毛は見えにくいので知らない間に伸びていることも多いです。自己処理を怠っていると、予期せず顔のうぶ毛を人目に晒す事態になるかもしれません。

顔脱毛をすれば自己処理のわずらわしさから解放されます。今まで自己処理にかかっていた時間も有効利用できます

顔脱毛した人の声

顔脱毛して効果を実感した方のツイートです。

部位ごとの顔脱毛の効果

顔の部位ごとの脱毛効果について説明します。

  • おでこ:肌のトーンが上がる
  • 鼻:黒ずみ解消
  • 鼻下:顔の印象が明るくなる
  • 頬:メイクの密着度アップ
  • あご:メイクのりや崩れが気にならなくなる

おでこ:肌のトーンが上がる

おでこの脱毛は肌がワントーンが上がります。おでこを覆っているうぶ毛がなくなるからです。

おでこは顔の面積の多くを占めます。

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

顔の大きな面積をうぶ毛が覆った状態は、肌が暗く見えてしまう原因です。

おでこのうぶ毛がなくなると肌がワントーン明るくなり、顔全体の印象も明るくなります
» 生え際を美しくするおでこ脱毛のメリット

鼻:黒ずみ解消

鼻の脱毛をすると毛穴の黒ずみが解消できます。毛穴が小さくなり汚れがたまりにくくなるからです。小鼻の黒ずみに悩む方にもおすすめです。

鼻の黒ずみが解消できれば素肌に自信がもてます
» 【鼻の顔脱毛】メリット・デメリット

鼻下:顔の印象が明るくなる

鼻下の脱毛をすると顔の印象が明るくなります。

鼻下は目立ちやすい場所なので頻繁に自己処理する方も多いです。しかし自己処理をしすぎると毛が太くなったり、かみそり跡がブツブツ・青くなるケースも。

鼻下の脱毛をすれば肌がツルツルになり顔の印象も明るくなります

頬:メイクの密着度アップ

頬の脱毛をするとメイクの密着度が増します。邪魔なうぶ毛がなくなるからです。

頬は顔の中でも面積が広く目立ちやすい場所です。頬の毛がなくなると化粧下地やファンデーションの密着度がアップ。

メイクの仕上がりが格段に良くなります。
» 頬の脱毛を女性が受けるメリット

あご:メイクのりや崩れが気にならなくなる

あごは食生活やストレスの影響で肌が荒れやすく、メイクのりが気になる場所です。皮膚の凹凸もあることから自己処理にも気を使います。
» 女性があご脱毛するメリット・デメリット

あごの脱毛をすれば自己処理の必要がなくなり肌の調子がアップ。メイクのりがよくなり崩れにくい状態が保てます
» 顔脱毛の範囲と対応クリニック・サロン

顔脱毛のデメリット

顔脱毛のデメリットやリスクは以下の5つです。

  • 脱毛効果を感じにくい
  • 痛みを感じやすい
  • 施術できない部位がある
  • 肌トラブルのリスクがある
  • 細い毛が太く濃くなる

脱毛効果を感じにくい

顔脱毛は他の部位に比べて脱毛効果を感じにくいです。顔のうぶ毛は色が薄くて細いからです。

脱毛のレーザーや光は毛の黒い色に反応して照射されます。顔のうぶ毛は色が薄いので反応しづらいのです。

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

高い脱毛効果を求める方は、サロン脱毛より医療脱毛をおすすめします。

医療脱毛のレーザーはサロン脱毛よりも強い熱エネルギーで、毛の生える元の細胞(毛母細胞)を破壊します。
» 医療レーザーで顔脱毛するメリット

痛みを感じやすい

顔は腕や背中に比べると痛みを感じやすいです。皮膚が薄くて敏感な場所だからです。特に口の周りや目の周りの痛みが強いです。

医療脱毛は麻酔を使用できます。脱毛サロンで使用される脱毛機器は医療脱毛で使用されるレーザーより痛みが弱いです。

痛みに弱い方は麻酔を使用するか、脱毛サロンでの脱毛をおすすめします。
» 顔脱毛が痛い理由と医療脱毛するための対策

施術できない部位がある

顔脱毛には施術できない場所があります。脱毛レーザーや光は、目、鼻の穴、唇のような粘膜に照射できません。粘膜に照射すると傷が入ったり荒れたりするからです。

眉毛の下の脱毛は目にダメージを与える危険があり、もみあげ、髪の生え際などは強い刺激を与えるリスクがあります
» 眉毛の顔脱毛方法と失敗しないための対策

顔の脱毛はサロンやクリニックによって受け付けている部位が違うので確認しましょう。
» 顔脱毛の範囲と対応クリニック・サロン

肌トラブルのリスクがある

顔脱毛はメリットがある反面、肌トラブルを起こすリスクもあります。脱毛は毛が生える元の細胞に熱エネルギーを与えるものだからです。

脱毛にはどのようなリスクがあるか知っておくことで、対策をしたりトラブルを未然に防ぐことが可能です。
» 顔脱毛できない人の特徴と対策

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

肌トラブルには炎症を起こす可能性があります。

炎症

肌トラブルのひとつに炎症があります。脱毛は毛の生える元の細胞(毛母細胞)に熱エネルギーを与えて処理するものだからです。熱エネルギーは毛母細胞の周りの皮膚にも伝わり、赤くなることがあります。

肌の赤みは数時間~2、3日で消失すれば正常範囲です。しかし稀に赤みが引かずに色素沈着として肌に残ることもあります。水ぶくれができたり赤みが3日経っても引かなかったりした場合は、脱毛を受けたサロンやクリニックに相談しましょう
» 顔脱毛後に赤みが出る原因と対処法

炎症を防ぐには肌の保湿を心がけ、日焼けは絶対にしない、シェービングは丁寧にすることが重要です。

肌に雑菌が侵入する

顔脱毛は肌に雑菌が侵入するリスクがあります。顔脱毛の熱エネルギーは毛が生える元の細胞を破壊するとき、肌のバリア機能も低下させてしまうからです。

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

肌が荒れた場合は脱毛サロンやクリニックに相談しましょう。

肌に雑菌が侵入した場合は軟膏や飲み薬で治癒が可能です。雑菌の侵入を防ぐために保湿ケアや清潔を心がけましょう。
» 顔脱毛の失敗例と後悔しないための対策

細い毛が太く濃くなる

顔脱毛は顔の細い毛が太く濃くなる可能性があります。脱毛のレーザーや光が刺激となるからです。詳しい原因は不明で治療法も確立されていません。

細い毛が太く濃くなりやすい部位はフェイスラインやうなじ、二の腕、背中など。発生率は約1%です。

毛が太く濃くなった場合の対処法は2つあります。

  • レーザーや光を継続して照射する
  • ニードル脱毛に切り替える

永久脱毛を希望するならニードル脱毛の方が確実です。

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

ニードル脱毛とは、毛穴に直接針を刺し電流を流して毛根を破壊する脱毛法のこと。

細い毛が太く濃くなったときの保証について
多くの脱毛サロンやクリニックでは、細い毛が太く濃くなったときの保証制度を設けています。契約期間が終了したあとも一定期間は無料で施術を受けられるというもの。詳細はそれぞれの店舗で確認してください。

顔脱毛の効果を最大限に引き出すケア方法

顔脱毛の効果を上げるために必要なケアの方法は以下のとおりです。

  • 保湿を普段より多めにする
  • 日焼け止めを使う
  • 肌の調子を整える
  • 顔脱毛は毛周期に合わせる
  • 脱毛前のシェービングは丁寧にする
  • 施術はノーメイクで受ける

保湿を普段より多めにする

肌の保湿を普段より多めにすると脱毛効果が上がります。いつも使う化粧水の量を倍にするイメージです。保湿が十分な肌は柔らかくなり、埋もれている毛が生えやすくなります。脱毛後は毛が抜けやすくなり脱毛効果が上がるのです。
» 顔脱毛の後に保湿が重要な理由

ただし脱毛直前に保湿剤を塗るのはやめましょう。保湿剤が毛穴に入り込み、脱毛レーザーや光が遮られて脱毛効果が下がる可能性があります。
» 顔脱毛当日の疑問について

日焼け止めを使う

顔脱毛中は日焼けをしないように、日焼け止めを積極的に使いましょう。

脱毛のレーザーや光は毛の黒色に反応して熱エネルギーを照射します。日焼けした肌は黒色のメラニン色素が発生している状態。日焼けした肌にレーザーや光を照射すると強い刺激を与える危険性があります。日焼けした場合は顔脱毛を受けられません。

顔脱毛を効果的に進めるためには、毛周期(毛の生え変わる周期)に合わせることが重要。

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

日焼けをして脱毛を休むと、毛周期のタイミングを逃してしまいます。

顔脱毛中は日焼けをしないように注意しましょう。
» 断られた!顔脱毛中の日焼けがダメな理由

肌の調子を整える

顔脱毛の効果を引き出すためには、肌の調子を整えましょう。肌が荒れていると治療が優先されて、脱毛スケジュールが滞るからです。

肌が荒れている場合、症状が軽いものや治りかけなら顔脱毛を受けられることもあります。炎症している部分に保護シールを貼ってレーザーや光を照射するケースも。対応は脱毛サロンやクリニックによって様々です。

肌の調子を整えるためには、食生活や生活習慣に気をつける必要があります。

  • 甘いものや脂っこいものを食べすぎない
  • ストレスを溜めない
  • 十分な睡眠時間をとる

人によってはサプリメント(ビタミンB群)を飲むことで肌に有効な場合もあります

顔脱毛が滞りなく受けられるように、肌の調子が整う食生活や生活習慣を心がけましょう。

顔脱毛は毛周期に合わせる

毛周期に合わせて顔脱毛を受けると脱毛効果が上がります。

毛周期とは毛が生え変わる周期のこと。毛は成長し(成長期)、抜けて(退行期)、休む(休止期)のサイクルを繰り返しています。

毛周期の中で毛が成長期のときに脱毛の施術をするのが一番効果的です。成長期の毛は黒くてしっかりしているからです。

脱毛レーザーや光は黒い色に反応して熱エネルギーを照射します。毛が黒くてしっかりしている方が反応が良いのです。

顔の毛周期は1~2ヶ月。顔脱毛は約2ヶ月毎に繰り返すのが一般的です。

ただし脱毛回数を重ねていくと毛の量が徐々に減って、毛周期が長くなります。脱毛回数によっては2ヶ月以上間隔をあけたほうがいい場合も。

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

脱毛の間隔は脱毛サロンやクリニックの指示に従いましょう。

脱毛前のシェービングは丁寧にする

顔脱毛前に丁寧にシェービングすることは、脱毛効果を上げることにつながります。剃り残した場合、脱毛の熱エネルギーが毛に伝わってしまい、強い刺激を与える危険があるからです。

シェービングのとき肌を傷つけてしまうと、肌のバリア機能が低下します。肌のバリア機能が低下すると脱毛により肌トラブルが起こりやすくなる危険も。

シェービングは脱毛の前日か2日前に行うのが最適です。肌が傷つかないように丁寧にシェービングしましょう。
» 顔脱毛の前日までに気をつけること

毛抜きによる自己処理は脱毛効果を下げるのでやめましょう。毛を抜くと毛根から毛がなくなり、脱毛レーザーや光が反応する黒色(メラニン色素)がなくなります。毛根に毛がない状態では脱毛効果がありません。
» 顔脱毛前の自己処理はどこまで剃る?

施術はノーメイクで受ける

脱毛の効果を上げるために施術はノーメイクで受けます。メイクをすると、十分な脱毛効果が得られない可能性があるからです。

油分の多い化粧品や保湿剤を脱毛直前につけてはいけません。油分のある化粧品や保湿剤は毛穴の中にまで浸透し、脱毛レーザーや光を遮ぎります。

化粧品や保湿剤をつけるのは前日までにし、脱毛当日はつけないようにしてください。ノーメイクで外に出るのをためらう方は薄めのメイクにとどめます。お店に着いてからメイクオフすれば大丈夫です。
» 顔脱毛前後の化粧で気をつけること

顔脱毛直後のメイクも避けましょう。顔脱毛後の肌は敏感。不必要な刺激は避けたほうが無難です。ノーメイクが無理な場合は軽くパウダーを付ける程度にして、帰宅したらすぐに優しくメイクオフしましょう。

顔脱毛の効果が感じられないときの対処法

顔脱毛を続けていても効果が感じられないときの対処法は以下の2つです。

  • 顔脱毛の効果が感じられないことを相談する
  • 照射漏れの可能性を確認する

顔脱毛の効果が感じられないことを相談する

顔脱毛の効果が感じられないときは脱毛サロンやクリニックに相談しましょう。脱毛のレーザーや光の出力を上げたり脱毛機器の種類を変更したりなどの対応をしてくれます

脱毛機器の出力や種類を変えると脱毛効果が上がる可能性があります。

照射漏れの可能性を確認する

照射漏れの可能性がないか脱毛サロンやクリニックに確認しましょう。毛が一部分だけ集中して生えてくる場合は照射漏れの可能性があります

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

ほとんどの脱毛サロンやクリニックでは照射漏れに無料で対応してくれます。

照射漏れの疑いがあるときは脱毛サロンやクリニックに確認をとりましょう。

顔脱毛効果【医療・エステサロン・家庭用機器】比較

「医療脱毛」「エステサロン脱毛」「家庭用脱毛器を使ったセルフ脱毛」で、顔脱毛の効果にどのような違いがあるのか比較しました。結果は以下のとおりです。

  • 医療脱毛の効果が一番高い
  • エステサロン脱毛の効果は一時的
  • 家庭用脱毛器の効果はほとんどない

医療脱毛の効果が一番高い

顔脱毛の効果が一番高いのは医療脱毛です。医療脱毛レーザーは強い熱エネルギーを照射し、毛の生える元の細胞(毛母細胞)を破壊します

破壊された細胞からは毛が生えません。医療脱毛では永久脱毛が可能です。

エステサロン脱毛の効果は一時的

エステサロン脱毛の効果を実感できるのは一時的。エステサロン脱毛で使用する光脱毛は医療レーザーよりも出力が弱いからです。毛の生える元の細胞(毛母細胞)の働きを減弱させることしかできません
» 脱毛サロンで永久脱毛できない理由

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

エステサロン脱毛の場合、毛が減ったことは実感できても時間が経てば生えてくるケースもあります。

エステサロン脱毛の場合、減毛効果は感じられますが一時的です。

家庭用脱毛器の効果はほとんどない

家庭用脱毛器を使ったセルフ脱毛の効果はほとんどありません。家庭用脱毛器の効果は除毛や抑毛どまりです。

家庭用脱毛器にはレーザー脱毛、光脱毛などの種類があります。しかしいずれも脱毛サロンやクリニックで施術する場合と比べて出力が弱いです。

出力が弱いと毛母細胞に与えるダメージが弱くなります。家庭用脱毛器を使っても脱毛効果はほとんど期待できません。
» セルフ顔脱毛のやり方と効果

レーザーや光の種類で脱毛効果も変わる

脱毛に使用されるレーザーや光には種類があります。以下の表を参考にしてください。

レーザーはおもに3種類です。

アレキサンドライトレーザー太い毛に有効
美肌効果あり
ヤグレーザー深く生えている毛にも有効
色黒でも使用可
ダイオードレーザー幅広い毛質に対応
痛みが少ない

光もおもに3種類です。

IPL太い毛や剛毛に有効
SSCジェルを塗って光照射
痛みを感じにくい
SHR蓄熱式
日焼け肌でもOK
痛みが少ない

※レーザーや光の種類は医師や看護師が肌質や毛質を見て選定します。利用できるレーザーや光の種類は、サロンやクリニックによって変わります。
» 顔脱毛にSHR方式が効果的な理由
» IPL方式で顔脱毛するメリット

顔脱毛の効果に関するQ&A

顔脱毛の効果に関する疑問にお答えします。

顔脱毛で失明する危険はないの?

脱毛のレーザーや光を眼球に直接照射しなければ失明しません。

しかしまぶたの皮膚は薄いです。目をつぶった状態で照射された場合に、まぶたの皮膚を通過して目に影響を及ぼさないとは言い切れません。

眉下の脱毛を受け付けていないサロンやクリニックがあるのは目に近い場所だからです。

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

通常脱毛サロンやクリニックでは目に光が入らないようにゴーグルやタオルで保護するので心配はいりません。

顔脱毛は効果がないからしないほうがいいって本当?

顔脱毛は他の部位の脱毛に比べると効果を感じにくいのは確かです。顔のうぶ毛は色が薄くて細いからです。

しかし日頃から肌の調子を整え、毛の生え変わる約2ヶ月ごとに施術を続けることで脱毛効果を上げられます。脱毛の施術を5~15回も受ければ効果を感じられます。(個人差あり)
» 顔脱毛しないほうがいいと言われる理由

顔脱毛のメリットは大きいです。顔のうぶ毛のお手入れが面倒な方、毛穴をなくして肌のトーンを上げたい方には顔脱毛をおすすめします。

「顔脱毛は失敗」と後悔している人はいるのかな?

「顔脱毛は失敗した」と感じる人はいます。眉頭や眉山がなくなったり額を広げ過ぎたりなど、想像していた形からかけ離れてしまうケースです。すでに脱毛されているので今後毛が生えてくる可能性は低いです。

形が変わると困るパーツ周辺の脱毛を受ける際は、イメージしやすいように写真やイラストを準備しましょう。施術者と入念に打ち合わせすることも大切です。

顔脱毛にシミやにも効果があるのは本当?

顔脱毛に使用されるレーザーや光の種類の中には、美肌効果を期待できるものがあります。射することで肌が活性化し、シミが改善します

ただしすべてのシミが改善するわけではありません。顔脱毛を受ける際に副次的に効果があるというだけです。
» 顔脱毛はシミ・そばかすが濃くなる?

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

シミを治したい方は、専門の治療を受けましょう。

顔脱毛前にメリット・デメリットを理解しよう

顔脱毛を実感するためには、5~15回の施術が必要で約1~3年かかります。必要な費用は6~10万円です。

顔脱毛のメリットは以下の5つです。

  • 毛穴が目立たなくなる
  • 化粧ノリが良くなる
  • スキンケアの効果がアップする
  • 自己処理による肌トラブルが減る
  • 自己処理のわずらわしさから解放される

顔脱毛のデメリットは以下の5つです。

  • 脱毛効果を感じにくい
  • 痛みを感じやすい
  • 施術できない部位がある
  • 肌トラブルのリスクがある
  • 細い毛が太く濃くなる

顔脱毛を受けるとお手入れ不要のツルツル肌になれます。しかし、顔脱毛にはリスクもあります。メリットとデメリットを正確に理解したうえで顔脱毛を受けましょう

ツルツル肌を手に入れたい人必見!

顔脱毛におすすめのサロンを見る