顔脱毛前の自己処理はどこまで剃るのが正解?【部位別シェービング範囲・方法を解説】

顔脱毛前の自己処理はどこまで剃るのが正解?【部位別シェービング範囲・方法を解説】
  • 脱毛前にどうして自己処理しないといけないの?
  • 生え際のうぶ毛は剃った方がいいの?残した方がいいの?
  • うぶ毛がちょっと生えてるだけでもダメなの?

顔脱毛前に自己処理をしなければ、施術を受けられません。むだ毛が生えている状態で脱毛すると、肌が強い刺激を受けるからです。店舗まで出向いたのに施術できなければ、時間やお金が無駄になる可能性も。

この記事では顔脱毛前の自己処理で剃る範囲と方法を、顔の部位別に解説します。記事を読めば正しいシェービング方法が分かり、肌に負担の少ない顔脱毛を受けられます。

顔脱毛前のシェービングは、生え際や眉、もみあげの1cm手前までにとどめると自然な仕上がりに。シェービングは上から下へ向かって剃るのが基本です。

顔脱毛前の自己処理はどこまで剃る?

顔の部位別シェービング範囲と方法は以下のとおりです。

  • 額:生え際1cmを残して剃る
  • ほほ:もみあげ1cm手前まで剃る
  • 鼻・鼻下:上から下へ剃る
  • あご:唇の下からあご先まで剃る

額:生え際1cmを残して剃る

額は髪の毛の生え際を1cm残して剃りましょう。髪の毛ギリギリまで剃ると不自然になる場合があるからです。

剃る方向は上から下。髪の毛の生え際は額の輪郭に沿って剃ります。眉の上は、眉毛の形が崩れないように気をつけて剃りましょう。
» 眉毛脱毛を失敗しないための対策

髪の毛ギリギリまで脱毛して額を広く見せたい人は、生え際ギリギリまで剃りましょう。ただし、生え際ギリギリまで照射するサロンやクリニックは少ないです。

どこまで照射できるか、カウンセリング時に確認してください。
» おでこ脱毛のメリット・デメリット

ほほ:もみあげ1cm手前まで剃る

ほほは、もみあげの1cm手前まで剃るのが基本です。もみあげを剃りすぎると不自然に見えるからです。

ほほを剃る方向は上から下。ほお骨の上は内側から外側に向かって剃りましょう。ほほを膨らませると剃りやすいです。
» ほほ脱毛のメリット・デメリット

もみあげは好みの形に整えることも可能です。顔全体のバランスを見ながら形を決めましょう。

ただし、もみあげギリギリまで照射するサロンやクリニックは少数。カウンセリング時に照射範囲を確認しましょう。

» 顔脱毛の失敗例6選

鼻・鼻下:上から下へ剃る

鼻は鼻筋に沿って、鼻下は伸ばして上から下へ剃ります。

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

小鼻は細かく刃を動かして、傷つかないように気をつけましょう。

あご:唇下からあご先まで剃る

あごは唇の下からあご先まで、上から下へ剃ります。

あご下はサロンやクリニックによって照射範囲が異なります。あご先から喉元まで、あご先から鎖骨の上までなど様々です。どこまで剃ればいいか、カウンセリング時に確認しましょう。
» あご脱毛のメリット・デメリット

生え際・眉・もみあげの形は慎重に決める

額の生え際部分、眉、もみあげの形は慎重に決めましょう。脱毛したら毛は生えてこないからです。後悔しても後戻りできません。流行に左右されない形にするのが無難です。

自分で形を決められない場合は、カウンセリング時にスタッフへ相談してください。
» 顔脱毛はしないほうがいい理由

顔脱毛前に自己処理が必要な理由

顔脱毛前に自己処理が必要な理由は以下の2つです。

  • 肌への刺激を最小限にする
  • 施術時間を十分に確保する

肌への刺激を最小限にする

顔脱毛の前に自己処理が必要なのは、肌への刺激を最小限にするためです。毛が生えている状態で照射を受けると、熱エネルギーが毛根だけでなく毛や肌表面に伝わります。特に医療レーザーの熱は肌にとって強い刺激です。
» 医療レーザーと光脱毛の違い

肌への強い刺激を避けるために、むだ毛を剃っておくことは大事です。

施術時間を十分に確保する

顔脱毛前に自己処理が必要な理由は、脱毛の施術時間を確保するためです。

むだ毛の処理をしていなかったり不十分だったりする場合は、施術前にスタッフがシェービングします。しかし剃る毛の量が多すぎると、シェービングに時間がかかり施術時間が少なくなります。

脱毛するために来店したのに、予定の範囲を脱毛できなくなるのはもったいないです

予定の範囲を十分に照射してもらうためにも、確実に自己処理しましょう。
» 脱毛サロン・クリニックの施術時間

剃り残し部分を無料でシェービングしてくれる店舗は多いです。

しかしシェービングが有料の店舗、シェービングサービスがない店舗もあります。自己処理ができていない場合、施術を断る店舗もあるので注意してください。

シェービングサービスがあるのか、シェービング料がかかるかは、カウンセリング時に確認しておくと安心です。
» 脱毛サロンのカウンセリングの流れ

顔脱毛前の自己処理で注意すること

顔脱毛前の自己処理で注意することは以下の3つです。

  • 電気シェーバーを使う
  • 毛が見えない程度まで剃る
  • 施術の1~2日前に剃る

電気シェーバーを使う

顔脱毛前の自己処理は電気シェーバーを使いましょう。電気シェーバーは肌への負担が少ないからです。

カミソリで毛を剃ると肌の表面を削り取ってしまい、バリア機能が低下します。

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

手元が狂えば傷が入ってしまうことも。肌荒れしたり傷が入ったりすれば、施術を受けられません。

肌に負担をかけないためにも、電気シェーバーで毛を剃りましょう。

自己処理に毛抜きやワックスは使用NG

顔脱毛前の自己処理に、毛抜きやワックスを使ってはいけません。毛を抜くとレーザーや光が反応する毛根(メラニン)がなくなってしまうからです。毛を抜いた状態で照射しても、脱毛効果はほとんどありません。

毛が見えない程度まで剃る

顔脱毛前の自己処理は、肌から毛が見えない程度まで剃りましょう。肌の上に毛があると、レーザーや光の熱が伝わって、肌がダメージを受ける恐れがあります

深剃りする必要はありません。深剃りはかえって肌を傷めます。丁寧に自己処理すればOKです。施術の時点で肌の上に出ている毛が1~2mm以下であれば施術できます。

施術の1~2日前に剃る

顔脱毛前の自己処理は、施術の1~2日前にしましょう。2日よりも前に自己処理すると、当日施術を受けられないほど毛が伸びている可能性があるからです。

当日毛が伸びていると、施術前にシェービングしなければなりません。シェービングに時間がとられ、照射時間が少なくなります。

レーザーや光の照射時間を十分に確保するためにも、自己処理は施術の1~2日前にしましょう。

正しいシェービング方法4ステップ

顔脱毛前の正しいシェービング方法は以下の4ステップです。

  1. シェービング前に洗顔をする
  2. シェービング前に肌を温める
  3. 毛の流れに沿ってシェービングする
  4. シェービング後は保湿をする

①シェービング前に洗顔をする

シェービング前は肌を清潔にするため洗顔をします。肌が不潔のままシェービングすると、雑菌が肌に入り込む恐れがあるからです。

肌トラブル防止のためにも、シェービング前は顔を洗って清潔にしましょう。

②シェービング前に肌を温める

シェービング前には肌を温めましょう。肌を温めると毛穴が広がり、毛が立ってシェービングしやすくなります

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

入浴後にシェービングするのがおすすめです。入浴後の顔は清潔で温まっているからです。

③毛の流れに沿ってシェービングする

毛の流れに沿ってシェービングしましょう。毛の流れに逆らって剃ると、肌や毛穴に負担をかける恐れがあるからです。

シェービングするときは刃を肌に強く押し付けないで、やさしくなでるように剃ります。刃は肌の上を何度も往復させないように気をつけましょう。

クリームや乳液をつけて剃ると、肌の負担を減らせます。

④シェービング後は保湿をする

シェービング後は必ず保湿をしましょう。シェービング後の肌は敏感です。スキンケアを怠ると、乾燥し肌トラブルがおこる恐れがあります

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

シェービングの後はたっぷりの化粧水で潤いを与え、乳液や美容液で保湿することが大事です。

» 顔脱毛の後に保湿が重要な理由

顔脱毛前の自己処理を忘れたときの対処法

顔脱毛前の自己処理を忘れたときの対処法は以下の2つです。

  • スタッフにシェービングしてもらう
  • 予約日を変更してもらう

スタッフにシェービングしてもらう

顔脱毛前の自己処理を忘れてしまったら、店舗のスタッフにシェービングしてもらう方法があります。シェービング料金は店舗によって無料の場合と有料の場合があります

スタッフにシェービングしてもらうと、脱毛の施術に十分な時間がかけられません。予定していた範囲を脱毛できない可能性も。

脱毛をスケジュールどおりに進めるためにも、自己処理を忘れないようにしましょう。

※シェービングサービスがない店舗もあります。カウンセリング時に確認してください。

予約日を変更してもらう

顔脱毛前の自己処理を忘れたら、当日キャンセルし予約日を変更してもらう方法もあります。

当日キャンセルすると代金がかかる場合や、1回分を消化するなどのペナルティが発生する場合も。むだ毛が生えている状態では施術を受けられないため仕方ありません。

しかし自己処理を完璧にした状態で施術を受けた方が、脱毛効果の高い施術が受けられます。

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

改めて予約を入れなおし、万全の体勢で施術を受けましょう。

正しいシェービングで効果の高い顔脱毛を受けよう!

顔の部位別シェービング範囲と方法は以下のとおりです。

  • 額:生え際1cmを残して剃る
  • ほほ:もみあげ1cm手前まで剃る
  • 鼻・鼻下:上から下へ剃る
  • あご:唇の下からあご先まで剃る

顔脱毛をすると肌が明るくなり化粧ノリもよくなります。
» 顔脱毛の効果

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

自己処理を確実にして、効果の高い顔脱毛を受けましょう。

ツルツル肌を手に入れたい人必見!

顔脱毛におすすめのサロンを見る