要注意!顔脱毛はしないほうがいいと言われる理由5選【本当にするべきか?】

要注意!顔脱毛はしないほうがいいと言われる理由5選【本当にするべきか?】
  • 顔脱毛はしないほうがいいって聞くけど、どうしてなの?
  • 顔脱毛した人はどうだったのか知りたい!
  • 顔脱毛は効果が出にくいって言われて迷ってる…

顔脱毛はメリットばかりでなくデメリットもあります。デメリットを知らないで契約すると、後悔する可能性も

この記事では、顔脱毛はしないほうがいいと言われる理由を解説します。記事を読めば、顔脱毛を本当にすべきか分かります。

顔脱毛をしないほうがいいと言われるのは、施術時の痛みが強く、顔のうぶ毛には効果が出づらいからです。しかし毛穴が目立ちにくくなり、化粧ノリが良くなるメリットもあります。メリットとデメリットを把握し納得したうえで顔脱毛を始めましょう。

顔脱毛しないほうがいいと言われる理由5選

顔脱毛しないほうがいいと言われる理由は以下の5つです。

  • 施術が痛い
  • うぶ毛には効果が出づらい
  • 顔脱毛の料金が高い
  • 顔の脱毛範囲が限られる
  • 肌トラブルの可能性がある

施術が痛い

顔脱毛しないほうがいいと言われるのは、施術時の痛みが強いからです。顔は他の部位に比べて敏感なため痛みが強く出ます。特に骨の近くである鼻下、顎、額は痛みが強い部分です。

脱毛時の痛みはゴムで弾かれたような感覚と表現されます。顔をゴムで弾かれるところを想像すると、痛みの程度が分かりやすいです。

脱毛の痛みの強さは、医療脱毛とサロン脱毛では違います。医療脱毛のほうがサロン脱毛よりも痛みが強いです。しかし痛みが強い分、脱毛効果も高いです。

医療脱毛では麻酔が使えます。痛みに弱い方はクリニックに相談してください。
» 痛みに弱い女性が顔脱毛する方法

うぶ毛には効果が出づらい

顔のうぶ毛に効果が出づらいことも、顔脱毛しないほうがいいと言われる理由です。顔のうぶ毛は細く色素が薄いため、レーザーや光が反応しづらいからです。

レーザーや光は黒い色(メラニン)に反応し、熱エネルギーを照射します。うぶ毛の色は薄いため、熱エネルギーを集中させることが難しいのです。
» 顔のうぶ毛に効果的な脱毛機器

顔のうぶ毛は効果が出づらいため、脱毛完了するまで10回ほどの照射が必要です。(医療脱毛の場合)
» 顔脱毛に必要な回数は何回?

顔脱毛の料金が高い

顔脱毛はしないほうがいいという理由のひとつに料金の高さがあります。顔脱毛の料金は、自己処理に比べると高額です。

医療脱毛の場合
5回の施術で約5~10万円
サロン脱毛の場合
6回の施術で約6~10万円
» どっちがいい?医療脱毛と美容脱毛の違い

しかし施術を受けて永久脱毛すれば、自己処理の必要はありません。かかっていた費用も発生しなくなります。
» 顔脱毛の料金相場と費用を抑えるコツ
» 脱毛サロンで永久脱毛できない理由

顔の脱毛範囲が限られる

顔脱毛しないほうがいいと言われるのは、店舗によって脱毛範囲が細かく決められているからです。

額・頬・鼻下・あご・あご下は、ほとんどのクリニックやサロンで脱毛できます。しかし、鼻や眉毛、もみあげなどは脱毛できない場合が多いです。
» 【鼻の顔脱毛】メリット・デメリット

希望する部位が脱毛できるか確認したうえで、契約することが大切です。
» 顔脱毛の範囲は店舗によって違う

眉下脱毛はできない

眉下脱毛を実施しているクリニックやサロンはほとんどありません。眉下は目に近い場所だからです。レーザーや光による目への影響を考慮し、実施している店舗はごく一部だけです。

しかし、クリニックやサロンはゴーグルやタオルなどで目を保護します。眼球に直接照射しないかぎり目に影響はないので心配いりません。

» 眉毛の顔脱毛方法と失敗しないための対策

肌トラブルがおこる恐れがある

顔脱毛しないほうがいいと言われるのは、肌トラブルの恐れがあるからです。肌トラブルには3つのケースがあります。

  • 炎症
  • 肌に雑菌が侵入する
  • 細い毛が太く濃くなる

炎症

顔脱毛の際に軽い炎症をおこすことがあります。レーザーや光の熱エネルギーが毛根だけでなく肌表面にも伝わるからです。

熱が伝わった肌は強い刺激を受け、赤くなったりほてったりします。通常、数時間~2、3日で消失します。
» 顔脱毛後に赤みが出る原因と対処法

肌に雑菌が侵入する

顔脱毛は肌に雑菌が侵入するリスクがあります。レーザーや光のダメージでバリア機能が低下するからです。

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

清潔にしていれば数日で自然に治ります。症状が長引いた場合は内服薬や塗り薬で完治が可能です。

細い毛が太く濃くなる

顔脱毛するとレーザーや光の刺激で、細い毛が太く濃くなってしまう可能性があります。原因不明で有効な治療法はまだ確立されていません。発生率は約1%です。

発症した場合の対処法は2つあります。

  • レーザーや光を照射し続ける
  • ニードル脱毛に移行する

※ニードル脱毛とは、毛穴に針を刺し電気を流して脱毛する方法

顔脱毛の失敗例

顔脱毛の失敗は眉や髪の生え際などでおこりやすいです。脱毛したら形を変えられないからです。

眉の形は時代によって流行があります。髪の毛の生え際を脱毛しすぎると、はげたように見える可能性も。

脱毛して形が変わってしまう部位は、入念に打ち合わせを重ねて慎重に脱毛するのが賢明です。
» 顔脱毛の失敗例と後悔しないための対策

顔脱毛したほうがいい理由

顔脱毛したほうがいい理由は以下の4つです。

  • 毛穴が目立ちにくくなる
  • 肌がトーンアップする
  • 化粧ノリが良くなる
  • 自己処理が不要になる

毛穴が目立ちにくくなる

顔脱毛すると毛穴が目立ちにくくなります。毛穴の中から毛がなくなるからです。

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

毛穴は引き締まり、汚れがたまりにくくなります。毛穴の黒ずみが解消されるケースも。

毛穴が引き締まった肌はきめ細かく見えます。
» 顔脱毛で毛穴が目立たなくなる理由

肌がトーンアップする

顔脱毛をしたほうがいいのは、肌がトーンアップするからです。顔のうぶ毛は肌表面にびっしりと生えています

顔のうぶ毛を脱毛すると一皮むけたように肌が明るくなります。

化粧ノリが良くなる

顔脱毛後は化粧ノリが良くなります。肌を覆っていたむだ毛がなくなるからです。

むだ毛がなくなることで、化粧下地やファンデーションが肌に密着しやすくなります。

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

メイクが肌に密着すると、メイク崩れもしにくくなります。

自己処理が不要になる

顔脱毛をしたほうがいいのは、むだ毛の自己処理が不要になるからです。

むだ毛があると自己処理を繰り返す必要があります。自己処理を繰り返すと肌に負担がかかりトラブルを引きおこす恐れも。

自己処理がなくなれば楽ができ、肌の調子も良くなるので一石二鳥です。
» 顔脱毛の効果|メリットとデメリット

顔脱毛しないほうがいい人の特徴

顔脱毛しないほうがいい人の特徴は以下の4つです。

  • 肌トラブルがある
  • 持病がある
  • 生理中・妊娠中・授乳中
  • 脱毛当日に具合が悪い

肌トラブルがある

肌トラブルのある人は顔脱毛しないほうがいいです。施術により肌トラブルが悪化する恐れがあるからです。

日焼けをして炎症をおこしていたり、肌の色が変わっていたりする場合は顔脱毛できません。
» 断られた!顔脱毛中の日焼けがダメな理由

肌が荒れている場合も、炎症をおこしていたり広範囲に広がっていたりするなら施術を受けられません。ただし炎症をおこしていなかったり、軽度の場合は施術できるケースがあります。施術できるかどうかは医師やスタッフが判断します。

持病がある

持病がある方も顔脱毛しないほうがいいです。持病が悪化する恐れがあるからです。

脱毛の施術は光を発します。光に対する過敏症や光で発作が誘発されるてんかんの持病がある方は、施術を受けられません。

持病で薬を飲んでいる方も顔脱毛しないほうが無難です。薬を飲んでいる状態で施術を受けると「光過敏症」という皮膚炎をおこす恐れがあります。原因になる薬は特定されていません。

持病があったり薬を飲んでいたりする方が顔脱毛したい場合は、主治医に相談することが大切です。
» 顔脱毛できない人の特徴と対策

生理中・妊娠中・授乳中

生理中・妊娠中・授乳中の方は顔脱毛しないほうがいいです。ホルモンバランスが不安定になっている時期だからです

ホルモンバランスが崩れているときに顔脱毛を受けると、痛みを強く感じたり、肌トラブルがおこりやすかったりします。ホルモンの影響で多毛になるケースもあり、脱毛効果が下がります。

妊娠中の方の脱毛を受け付けているサロンやクリニックはありません。生理中や授乳中であっても断られるケースは多いです。
» 生理中は顔脱毛を避けるべき理由

顔脱毛当日に具合が悪い

顔脱毛の当日に具合が悪い場合は、顔脱毛しないほうがいいです。施術中に気分が悪くなる恐れがあるからです。

気分が悪くなったら施術を途中でやめなければなりません。途中で施術をやめた場合、1回分を消化するので無駄になります。

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

体調が悪い日は肌の調子も悪いです。無理して施術すると肌トラブルがおこりやすくなります。

具合が悪い場合は無理せず、日を改めたほうがいいです。
» 顔脱毛当日に気をつけること

インプラントや歯列矯正中

インプラントや歯列矯正をしている場合、顔脱毛を断られることがあります。レーザーや光を照射した際に、インプラントや歯列矯正の金属部分が熱くなる可能性があるからです。

サロンやクリニックによって対応が変わります。詳しくは店舗に確認してください。

顔脱毛した人の口コミ

ツイッターで顔脱毛した人の口コミを集めました。

顔脱毛するべきか正しく判断しよう

顔脱毛しないほうがいいと言われる理由は以下の5つ。

  • 施術が痛い
  • うぶ毛には効果が出づらい
  • 顔脱毛の料金が高い
  • 顔の脱毛範囲が限られる
  • 肌トラブルの可能性がある

顔脱毛したほうがいい理由は以下の4つです。

  • 毛穴が目立ちにくくなる
  • 肌がトーンアップする
  • 化粧ノリが良くなる
  • 自己処理が不要になる

顔脱毛はメリットが多いですが、デメリットもあります。メリットを感じられない方は顔脱毛をする必要はありません。

顔脱毛のプロ
顔脱毛のプロ

しっかり把握した上で脱毛すべきか判断しましょう。

ツルツル肌を手に入れたい人必見!

顔脱毛におすすめのサロンを見る